スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・サマヤの過ごし方

Category : ザ・サマヤ
サマヤの目の前はスミニャックビーチです波が高くて海水浴には向きませんが、波打ち際で家族が遊んでたりしてました。
私達も遊びましたが、その時は大きな波に吸いこまれて洗濯機の中に居るかと思った位です
侮ってはいけないバリの海です

【サマヤには部屋にもプールがありますが、パブリックプールもメインプールとコートヤードヴィラにもメインプールがあるので海で泳げなかったりしても大丈夫です。深さもあって、デザイン系なプールですあいにく、写真が少なく割愛させて頂きます】

サマ海


これぞリゾート
アヤナみたいに、早い者勝ちの様な事もなく満席にもならにので、快適に過ごせるのは最高
このデッキチェアからビーチをのんびり眺めながら、音楽聞いたり読書したりと皆さん思い思いに過ごされてました
samaya.jpg



席に座ると直ぐにスタッフが来てくれて、まずパラソル移動をしてくれます。
日陰がないと熱くて真っ黒になってしまいます(バリの日差しをなめたらあかんぜよ)私はメラニン色素が多く直ぐに焼けてしまうので気をつけてはいますが、どこかで少しはバカンス楽しんだ的な雰囲気を出したくて焼いてしまったりしてますというより、2週間弱居れば自然と焼けます。
そして毎回、母と妹に叱られます
欧米人が肌をやたらと焼くのはステイタスでもあるからです

ミネラルウォーターと冷たいおしぼりがサービスで出されてます
マンゴーやパッションフルーツは入ったフルーツも頂きました素敵
バッグフルーツ




癒しの時間は喧嘩する事もなく、仲良く過ごしてました
ashi.jpg



この日は赤旗のマークです。波が暴れてます。
サマ海2



サマヤでは毎日アフタヌーンティーが提供されます
プールで泳いで小腹が空いたので、早速注文しました。
アフタヌーン


最近では、どのホテルもこのサービスがございますので優雅な午後のひとときが過ごせます
イギリスの文化が世界中で味わえますね~本場の銀食器でなないですが、バリ食器の方がバリには合いますよね
サマアフタ1サマアフタ2



段々と日が落ちて、名物のバリのサンセットタイム。
こんな素敵な夕日は都内では見れません。ホッとする瞬間です。次の渡バリにまた見ようと決意する瞬間でもあります
samasun.jpg


何処からともなく、ローカルがビーチに集まってきてます。
丁度ルッチオーラ辺りにMAXに人が居ますね~
samasun3.jpg



夜は夜で幻想的なライトアップに変化する「ブリーズ」レストラン。
ブリーズ



夕飯は、最寄りにある素敵なレストランHuuで済ませたので、ここではドリンクのみ。
アラックをオレンジジュースで割ったものと、ジントニック。宿泊者だと部屋付け出来るからノーマネーでもOKなのが嬉しい。
ブリ1ブリ2



VILLAに戻り、これまたPOOLもゴージャス感が出てますね。
お風呂に入る前に、プールで遊んでからジャグジーへ直行これってもう最高の贅沢です。
samapool.jpg


シャンパンを開けて、プールで乾杯
プライベートプールなので、周りの目を気にする事もなく貸切です。
2人では勿体無い位なので、みんなよんでお庭でBBQとかやりたいなって思いました。
samapool1.jpg


サマヤはとても素敵なリゾートです。
今後検討されてる方は是非宿泊してみて下さい。今までバリでいくつものホテル・VILLAに宿泊してますが、スミニャック界隈のオンザビーチでは、サマヤは一押しです改装も始まって益々パワーアップするサマヤにこうご期待ですね。宿泊費は決して安くはないですが、記念日やセレブに数泊なんてのは如何でしょうか
きっと素敵な思い出が作れるます。女子会INバリなんてのもいいかも~

【但し今年いっぱいは、共用エリアおよび一部客室の改装工事を行ってるそうです】

ポチっとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ザ・サマヤ 朝食編

Category : ザ・サマヤ
さてさて、朝食ですあの「ブリーズ」にて朝食を頂けます。
ロイヤルコートヤードにもレストランがあり、そこでも可能なんですが、やっぱり感じながら朝食食べるのって本当に贅沢で気持いので、毎日ブリーズで頂きました

ロイヤルコートヤードの路地裏はこんなローカルチックで、VILLAがあるなんて思えないでしょ
私はメインエリアまでのこの数十㍍の区間が何気に好きでしたよ
民家



フロントロビーを抜ければ、海までの通路
何度通過しても、癒される道のりでしたね~。
8


サマヤの朝です
海への入り口にはセキュリティーが必ず居るので、外部から先入できません
1


あちらのお席でも食事は可能ですが、風が強かったので諦めました。
sama2.jpg



それでも海側のお席が確保出来ました
欧米人が多かったですが、GWだったので日本人新婚さんもちらほらいらっしゃいましたね
sama3.jpg


サマヤの朝食スタイルはアナンタラ同様で、好きなだけ何でもOKなんです
朝からガッツリ派の私達には嬉しい限り。
実際は夜な夜な食べ歩きしてるので、そこまで入りませんが
私はフレッシュオレンジジュース(勿論生搾り)がお気に入り
sama4.jpg



メニューも豊富でイケてます
懲りずに和食を頼んでみたものの・・・やっぱあかんわ~私がシェフにレクチャーしたい位だわ。
今はもう美味しいお味噌汁が出てくる事を祈ってます
その他の様メニューやイネ料理はGOODです
sama5.jpg


続きましてパンケーキ
sama6.jpg


サヤンは無難にパンにポーチドエッグ
7.jpg




VILLAに帰る途中に、ロビーで利用。空いてればいつでも利用可能
メールチェックや、ちょっとした調べものには助かります。
VILLA AIR BALI みたく部屋にあればもっといいんだけど~。あまりネットばかりやると口うるさいお方が居るので、ない方がいいかな(笑)
samaPC.jpg


私が中はサヤンはソファーでまったりです。
後ろのお方は爆睡中みたいですね。
samaPC2.jpg




ポチっとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

ザ・サマヤ

Category : ザ・サマヤ
THE SAMAYA
スミニャックビーチに面した超お薦めな素敵ホテルです

オベロイSTにも近く、KUDETAやHUやルッチオーラ等へも直ぐ行ける立地で、お隣にはザ・レギャンがあります。
この界隈は、スミニャックの高級VILLA系が集まってます。
我が家のホテル・VILLAを選ぶポイントは、比較的新しく海に近い事が条件になってきてます。
後は結構、㎡を重視したりしてます。若い頃はとにかく安さ重視だったんですが、年齢を重ねていくうちに旅先でのホテルは重要視されて、今ではまずホテル選びに重点をおく程なんです
近年ホテルがオープンラッシュなバリだけど、そんだけ需要があるんでしょうね~。
日本人が少ない時期でも、欧米人や他のアジア人で賑わってる様ですから

素敵なサマヤですが、あんまり良い写真がないので、最初に報告しておきます



サマヤのロビーです
サマ3




ロビーを抜けて歩くと、パノラマのビーチへ出ます
何とも贅沢な空間の道のりです。
サマヤ1


私達が宿泊したカテゴリーは「ロイヤルコートヤード・ヴィラ」で、サマヤの中では一番新しい施設です但し、直接フロントへは行けず、ホテル前の一本道路を渡ったエリア(民家あり)になります。
完全なプイベートエリアにはなってるので、ご安心下さいませ
よって、移動は徒歩かバギーになります。散歩する距離なので気持ちいいです。民家の居たりして(ペット)
なんですが、殆どバギー呼んでばっかりで歩いてないのが実態です

チェックインは、お部屋です。日本人スタッフの方が案内して下さいました
ウェルカムドリンク&フルーツ&レイ(到着時)いい香り~
大抵のホテルはそのままフルーツがありますが、こうしてカットされてるので嬉しい心遣いです
サマ2


天蓋付きの大きなベッド(ベッドからはプールが見渡せます
さまbed




バスルームからのお部屋を撮影してます。とても広く快適
バスから部屋




ジャグジー付バスタブTVも上に完備。バスタブの横にシャワールームがあります。
バスタブ



洗面台は、一定のクラス以上は当たり前のダブルシンク(これ必須
もっと綺麗な写真があれば良かったのですが、汚くてすみません。
サマしんく




さてさて、お庭も広いんです
ガゼボ&プールが大きくて大変居心地が良かったです流石サマヤ
ガボセ




プールも十分な広さで、軽く泳げる感じ深さもあって私達好み。
POOL.jpg


遊びに来た妹が溺れてます(笑)妹は別のホテルに泊まってたので、サマヤの素敵さに感動してました
プール


サヤンはデッキチェアでお寛ぎ中です
あーこのグータラ時間がたまらなく好き。日本だともっともっと忙しく動いてるので
プールデッキ


私の言葉ではサマヤの魅力が十分に伝わらないと思いますが、とてもお薦めな
ホテル評価に辛口なサヤンも、サマヤはまた泊まりたいと言ってきかない位です


http://seminyak.thesamayabali.com/japanese/
私達が宿泊したお部屋は
1ベッドルーム・ロイヤルコートヤード・ヴィラ(297㎡)
1泊:$595++(公示料金インターネット予約時)
料金に含まれるもの↓
※アフタヌーンティーとフルーツ(毎日)
※スミニャック・レギャン地区へのシャトルサービスかなり利用しました
※バトラーサービス
※ミニバーのソフトドリンク無料
※スパークリングワイン(到着日に1本)プールで乾杯です


サマヤ続きます
にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ
にほんブログ村
プロフィール

イルカ

Author:イルカ
大好きなバリの事を綴っていきます♪
バリ好きさん・旅行好きさんこの指(Blog)とーまれ^^/
お気軽にコメ下さいまし~
☆★☆BALI BAGUS☆★☆

イルカの旅行記
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
バリ島リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム
どうぞお気軽にメール下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。